HOME > 禁煙外来

診療案内

  • 一般内科
  • 食道・胃内視鏡検査
  • 大腸内視鏡検査
  • ピロリ菌検査
  • 各種健康診断 各種予防接種
  • アンジュ母乳育児相談室
  • 花粉症治療
  • 禁煙外来
  • よくあるご質問
患者の気持ち

禁煙外来

「煙草(タバコ)をやめたい」と思っても「なかなか止めることができない」という方は少なくないかと思います。タバコが止められないのはニコチン依存症という一種の病気です。

禁煙外来では、ニコチン依存症スクリーニングテストにてニコチンへの依存度を判定し禁煙治療を行っております。


※禁煙治療は条件を満たすと保険適用となります。

保険適用による禁煙治療について

禁煙治療は2006年4月から保険が適応されるようになりました。

その上で、禁煙治療を健康保険等で受けるためには一定の条件があり、1回目の診察で医師が確認することとなっています。
尚、条件を満たさない場合でも自由診療で禁煙治療を受けることができますので、まずは受診の前にご自身でチェックしてみることをおすすめします。

禁煙治療の保険適用範囲について

治療は下の条件を満たした喫煙者なら、健康保険適用での治療を受けることができます。

対象者の条件について

  • 35歳以上の方はブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上
    ※35歳未満の方はブリンクマン指数に関係なく禁煙治療ができます。
  • ニコチン依存症に係るスクリーニングテストで、ニコチン依存症と診断された方
  • 「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療について説明を受け、
    その治療を受けることを文書により同意している方

スクリーニングテスト(ニコチン依存症チェック)


自分が吸うつもりより多くのタバコを吸ってしまうことがある。 いいえ はい
禁煙や本数を減らそうとしてみたが断念してしまったことがある。 いいえ はい
禁煙中(または本数を減らそうとしたとき)にタバコが欲しくてたまらなくなる。 いいえ はい
禁煙中(または本数を減らそうとしたとき)次の症状がある。

イライラする / 眠気がする / 神経質になる / 胃がむかむかする / 落ち着きがない / 脈が弱くなる / 物事に集中できない / 手のふるえ / 憂鬱 / 頭痛 / 食欲または体重増加
いいえ はい
上記のような症状をなくしたいためにタバコを吸い始めてしまったことがある。 いいえ はい
病気にかかったときにタバコはよくないと理解していても吸うことがあった。 いいえ はい
タバコにより自分に健康問題が起きているとわかっていても吸うことがあった。 いいえ はい
タバコの影響により自分に精神的な問題(神経質になったり、不安や抑うつなどの症状があらわれる状態)が起きているとわかっていても吸うことがあった。 いいえ はい
自分はタバコに依存していると感じることがある。 いいえ はい
タバコが吸えないような仕事や付き合いを避けることが何度かあった いいえ はい

1問1点となっております。10問中合計5点以上でニコチン依存症とされています。
※上記は、自己チェックとなります。詳細は医師による診断が必要となります。

結果表示
結果はこちらに表示されます

なぜ禁煙治療が必要なのか

煙草(タバコ)は、食道がん・喉頭がん・胃がん・肺がんなどの病気を引き起こす原因となるといわれています。
その他にも慢性気管支炎、肺気腫などの呼吸器系の疾患や循環器系の疾患(狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、不整脈など)を引き起こす要因ともなります。
また同居するご家族や周囲の方へも喘息・気管支炎・中耳炎などの病気を引き起こす原因ともなります。
しかしタバコを吸うことはニコチンの作用による脳や身体への快感(身体的依存)のみならず「ほっとする・すっきりする」などいった精神面での依存(心理的依存)が重なるため、なかなかご自身の意思だけでは止めることができません。
そのため、タバコを止めるためにはニコチン依存であることを診断し、医療機関での治療を受けることが禁煙への近道となるわけです。
禁煙をお考えの方は、まずはお気軽にご相談ください。

禁煙治療の流れ

標準的な禁煙治療のスケジュールは、12週間にわたり合計5回の診察が行われます。
診察時には毎回息に含まれる一酸化炭素の濃度を測定します。
一酸化炭素は、タバコの煙に含まれる代表的な有害物質であり、禁煙を始めることによりこの値が低下します。
数値として目に見える形で改善されていくことが励みになり、次回の測定が楽しみになる方も多くいます。
また、禁煙を継続するためのアドバイスや禁煙補助薬の処方を受けることができるため、禁煙は成功しやすくなります。

治療法について(お薬による治療) ~禁煙補助剤 チャンピックス~

チャンピックスは、禁煙治療をサポートする「飲み薬」です。
ニコチンを含まずに、ニコチン切れの症状(イライラ、不安感など)を軽減します。
脳内にある「ニコチン受容体」とチャンピックスが結合し少量のドーパミン(気分がよくなる物質)を出してくれます。
「ニコチン受容体」は4週間禁煙すると脳内から消えていきますので、無くなるまで続けることが大切です。