HOME > ピロリ菌検査

診療案内

  • 一般内科
  • 食道・胃内視鏡検査
  • 大腸内視鏡検査
  • ピロリ菌検査
  • 各種健康診断 各種予防接種
  • アンジュ母乳育児相談室
  • 花粉症治療
  • 禁煙外来
  • よくあるご質問
患者の気持ち

ピロリ菌とは

正式名は"ヘリコバクター・ピロリ"と言い、ヘリコとは「らせん」とか「旋回」という意味です。
ひげの部分も回転させて移動します。バクターとはバクテリア(細菌)。ピロリとは胃の出口(幽門)をさす「ピロルス」からきています。この菌は胃の幽門部から初めて見つかりました。ピロリ菌の最も大きな特徴は、酸素の存在する大気中では発育しないことで、酸素にさらされると徐々に死滅します。乾燥にも弱く、グラム陰性桿菌に分類されます。

大きさは0.5×2.5~4.0μmで、数本のべん毛を持ち、胃の中を移動します。
ピロリ菌が強酸性下の胃の中で生育できるのは、胃の中にある尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解し、アンモニアで酸を中和することにより、自分の身の周りの酸を和らげて生きています。

ピロリ菌と疾患

胃の壁を傷つけ、胃の守っている粘液を減らし、酸の攻撃を受けやすくしてしまうので、胃炎や消化性潰瘍を発症させる要因になります。ピロリ菌が胃壁に取り付くと細胞を弱めてしまう毒素を出し始めます。すると菌をやっつけようと血液中の白血球が付近に集まります。
両者の戦いが大きくなると、胃粘膜の消耗を早め、粘膜が炎症を起こして胃炎になったり、胃や十二指腸の粘膜が深くえぐられて消化性潰瘍になる場合があります。
また、ピロリ菌に感染しているからといって必ずしも高い確率で胃がんになるわけではありませんが、胃がん患者の胃粘膜に高頻度にピロリ菌が確認されています。発がんメカニズムはまだ明らかになっていませんが、ピロリ菌が産生するタンパク質が胃の粘膜細胞に注入され、がんを誘発するのではないかと言われています。
さらに、ピロリ菌が産生する毒素には胃粘膜の免疫を弱める働きがあるとの指摘もあり、間接的に胃がんの発症を促進するとも考えられています。

ピロリ菌と感染について

ピロリ菌の感染率は衛生環境と相関すると指摘され、60代以上の日本人の60%以上がピロリ菌に感染しているといわれています。ピロリ菌の感染経路はまだはっきり解明されていませんが、経口感染が主な経路と考えられています。上下水道が整備されていないような地域や国では感染率が高く、先進国の中では日本は際立って高い感染率です。しかし、衛生状態が改善された今日、若い世代の感染率は急速に低下しています。また感染していても、消化性潰瘍がかならず発症するとはかぎりません。

こんな症状の方は検査をおすすめします

  • 胃や十二指腸潰瘍の経験のある方や、再発をくりかえす方
  • 消化性潰瘍と診断された方
  • 胃がん家系でご心配な方
  • なんとなく胃の具合がいつも悪い方

ピロリ菌検査の方法

呼気で行う場合

診断薬を服用し、服用前後の呼気を集めて診断します。
最も精度の高い診断法です。
簡単に行える方法で、感染診断前と除菌療法後4週以降の除菌判定検査に推奨されています。
ピロリ菌が持つウレアーゼという酵素により、胃の中の尿素を分解して、アンモニアと二酸化炭素を生成します。尿素の分解により、アンモニアと同時に生じた二酸化炭素は速やかに吸収され、血液から肺に移行し、呼気中に炭酸ガスとして排泄されます。ピロリ菌に感染している場合では、尿素が分解されるため呼気にCO2が多く検出されることになります。

血液検査でおこなう場合

採血にてピロリ菌抗体を測定します。

糞便にておこなう場合

糞便中のピロリ菌抗原を測定します。

内視鏡で行う場合

内視鏡検査では、胃炎や潰瘍などの病気があるかどうかを直接観察して調べますが、それと同時に、胃粘膜を少し採取しそれを使って検査する方法です。

1. 迅速ウレアーゼ法
ピロリ菌が持っているウレアーゼという、尿素を分解する酵素の活性を利用して調べる方法です。
採取した粘膜を特殊な反応液に添加し、反応液の色の変化でピロリ菌の有無を判定します。
2. 培養法
胃の粘膜を採取してすりつぶし、それをピロリ菌の発育環境下で5~7日培養して判定します
3. 組織鏡検法
胃の粘膜の組織標本に特殊な染色をしてピロリ菌を顕微鏡で探す組織診断方法です。

胃がんリスク検診(ABC検診)とは

胃がんリスク検診(ABC検診)とは、ピロリ菌感染の有無(血清ピロリ菌IgG抗体)と胃粘膜萎縮の程度(血清ペプシノーゲン値)を測定し、胃がんになりやすい状態かどうかをA~Dの4群に分類して、あなたの胃癌発症のリスクを判定します。
また、胃がんリスク検診(ABC検診)はがんそのものを見つける検査ではありません。

胃がんのリスクを分類

胃がんになる危険度がきわめて低い、ピロリ菌の感染がなく胃粘膜が健康な人たち(A群)を精密検査の対象から除外し、ピロリ菌に感染(またはかつて感染)して胃粘膜に萎縮のある人たち(B~D群)には、胃がんの存在を確かめる精密検査(内視鏡検査等)を受けていただくための2段構えの検診です。B、C、Dグループの方は必ず精密検査を受けて下さい。

ABCD分類

判定区分ピロリ菌ペプシノーゲン
正常陰性陰性
異常陽性陰性
異常陽性陽性
異常陰性陽性
A群
健康的な胃粘膜です。胃は正常、胃癌発症の可能性は極めて低い状態です。
B群
胃潰瘍などの胃疾患の危険性があります。胃がんが発生する可能性もあります。
最低3年に1回は胃内視鏡検査を勧めます。
C群
胃がんなどの胃疾患になりやすい危険なタイプです。主治医をもち、定期的な内視鏡検査による経過観察が必要です
D群
胃癌発症のリスク極めて高い。最低1年に1回の胃内視鏡が必要です。

検査方法

簡単な問診と採血のみです。
当院では診察時間内なら、いつでもABC検診が受けられます。

検診対象とならない場合

以下の人はABC検診の対象になりませんのでご注意ください。

  • 潰瘍等で治療中
  • 胃切除後
  • 腎不全(クレアチニン値 3mg/dL以上)
  • ピロリ菌除菌後の方

また、このABC検診はあくまで無症状の方を対象にしております。
上腹部痛、腹痛等の自覚症状のある方は保険診療の対象になりますので診察を受けて下さい。

詳しくは当院までお問合せください。

検診費用 自費で4,000円(税抜)