HOME > よくあるご質問

診療案内

  • 一般内科
  • 食道・胃内視鏡検査
  • 大腸内視鏡検査
  • ピロリ菌検査
  • 各種健康診断 各種予防接種
  • アンジュ母乳育児相談室
  • 花粉症治療
  • 禁煙外来
  • よくあるご質問
患者の気持ち

よくあるご質問

Q:大腸がん検診で陽性と診断されたときはどうしたら良いですか?
A:大腸内視鏡検査などの精密検査が必要です。
精密検査で1~2%の方に大腸がんが見つかります。
また、30~40%の方に大腸ポリープが見つかります。
まずは早めにご相談ください。
Q:大腸がんを予防するにはどうしたらよいのですか?
A:大腸ポリープを内視鏡で切除することで大腸がんによる死亡率が低下することは証明されています。
もちろん内視鏡検査により大腸がんによる死亡率が著明に低下することも証明されています。
その他、喫煙、肥満、糖尿病などは大腸がんの危険因子として知られています。
禁煙、体重を増やさないこと、血糖コントロールをよくすることで予防できる可能性があります。
また、有酸素運動を行う能力の低い人は大腸がんになりやすいと報告されています。
適度な運動が、がんの予防となる可能性があります。
Q:胃カメラではどのような疾患の検査が可能ですか?
A:上部内視鏡検査、いわゆる胃カメラは、胃がん、食道がん、十二指腸がんといった悪性腫瘍などの他に胃潰瘍や十二指腸潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎、胃ポリープ、十二指腸ポリープ、逆流性食道炎といった良性疾患の診断・検査に有効です。

ヘリコバクターピロリ菌の検査も行えます。
Q:ピロリ菌とは何ですか?
A:正式にはヘリコバクター・ピロリ菌といって、胃粘膜に感染するらせん状の細菌です。
感染した人すべてではありませんが、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などを引き起こします。胃がんや胃悪性リンパ腫の原因のひとつともいわれています。
当院ではピロリ菌検査およびピロリ菌除菌を行っています。